ショッピング枠に注意

man use phone

クレジットカード現金化を行なうためには、ショッピング枠がまだ十分に空いている状況が必要です。既にキャッシング枠を使い切ってしまった場合には、一度に多額のショッピング利用を行なうことは避けた方が無難です。特定の商品を購入した特典としてキャッシュバックを受ける方式が一般的なクレジットカード現金化では、商品の送付が必要とされています。 カード現金化は、購入商品に付いてくる特典としてキャッシュバックを受けられる仕組みを利用して現金化する手法だからです。クレジットカード現金化を行なう際には、必ず商品の発送と受け取り確認が必要となるので、受け取りが出来ない場合にはそもそもカード現金化は出来ません。この点、デジタル商品の売買ならば、データとして送付可能ですから間違いが無いでしょう。

ショッピング枠を利用したカード現金化では、購入する商品の種類や金額によって還元率が変わります。カード決済手数料として信販会社には3%から5%程度は入ることになるので、頑張っても95%を上回ることは赤字販売となってしまうのであり得ないと知っておくと良いでしょう。実際のカード現金化還元率として多いのは、88%から92%還元という例ですが、クレジットカード現金化を行なう際にかかる日数により還元率が変わります。なぜなら、金額ベースで還元率を提示している業者であっても、実際に売買している商品の換金サイクルが異なるので、クレジットカード現金化にスピードを求める場合には、換金率が低い商品を選択するしか無くなるからです。